eBook をダウンロード

機敏なスピードで実施する監査

今すぐダウンロード

組織でアジャイル型監査を導入するためのベストプラクティスを探る



革新と技術破壊の競争、新しい規制の導入、サイバーセキュリティやプライバシーの脅威という新しいリスクへの暴露という環境下では、内部監査人には柔軟性、適応性、俊敏性が求められます。監査人は、このアプローチの展開を実現するため、これまで以上にアジャイル型手法を重視しています。

アジャイル型アプローチを採用すると、内部監査部門は戦略に集中し、効率や全体的な効果を高めることができます。また、組織の信頼できるアドバイザーとして価値を高めるという利点ももたされます。

本eBook では、アジャイル型監査を導入する利点、課題、最適な方法について検討します。加えて、以下の点についてもしっかりとご説明いたします

  • アジャイル型設計の由来と、内部監査機能との関連性
  • 監査において機敏なアプローチの採用を検討する理由
  • 一般的な移行時の難題に打ち勝つ方法
  • 機敏な監査を始める10のステップ