eBook

内部監査人と協力して リスクを処理する

今すぐダウンロード

リスクマネジメントでデータアナリティクスを最大化する方法



内部監査チームは、より調査的なアプローチを取り、リスクマネジメントにさらに集中するように頻繁に求められています。ご存知ですか。これは、内部監査部門が、独自の立場で、ビジネスリーダーがリスクを理解して、それに対応できるように支援しているためです。組織はますます複雑になるビジネス環境を進み続けるにつれ、監査の役割が進化しているため、


リスクの見識が不可欠です。リスクの理解は大変な作業になることもありますが、1 点だけはっきりさせておきましょう。つまり、すべてのリスクが悪というわけではないのです。ビジネスリスクがゼロということは、事実上、限定的な成長しか保証されません。組織のリスク許容度とリスク選好度に応じてリスクを取ることで、組織が成長し、目標を達成できるのです。重要なのは、監査の前に、組織のリスク選好度を理解することです。


本eBook では、次の項目について学習します。
  • リスク評価プロセスを活用して、リスクレベルを低・中・高に分類する方法
  • スコアカードとヒートマップを活用してリスクの優先度を付ける方法•変化するリスクプロファイルを着実に把握しつつ、リスクベースの監査計画を立てるためのベストプラクティス
  • リスクを特定するためのアナリティクスと公的機関や民間企業のケーススタディの事例紹介
  • リスク評価でアナリティクスを応用するための6 ステップ